== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== Story ==

天使になったみんと【vol.3】

次の日 朝早くに、病院から電話がありました。

「残念ながら、数値が増えませんでした。迎えにいらしてください。」

体から力が抜けて、床に座り込みました。。


一秒でも長くみんとと一緒にいたい。

早く抱きしめてあげたい。

419545_470754146288466_295049127_n.jpg


すぐに病院に迎えに行きました。

少し疲れた様子のみんと。
それでも、再会のときはとびきり喜んでくれました。


「病院では、いまのところ、どうすることもできません」

 我が子は自分で守るしかない。


免疫力を上げるサプリ、ガンに良いと言われるエキス、食餌、、良いと言われるあらゆるものを、みんとにしてあげました。

治るよ、大丈夫。


だけど、1日1日、どんどん症状が進んで行く。
少し治ったと思ったら、すぐに悪化。

ごはんを食べなくなった。
水を自力で飲まなくなった。
おなかに血が溜まってパンパンになってしまった。
家族が帰宅したらちょこちょこと迎えに行く。
常に息がハァハァ苦しそう。
歯茎が白くなってきた。
耳やお腹、白目部分が黄色くなってきた。

大丈夫。
お願い。
がんばって。



 みんとは、がんばりました。


2011年11月21日 午前4時前

私の腕枕で寝ていたみんと、むくりと起き上がり、トイレに行きました。
自力でしっかりトイレシーツにおしっこをして、私の腕の中に戻ってきました。
だけど、一瞬悩んだように、腕から抜けて、布団の外へ。
私に背を向けて、“ふせ”の状態に。

背中をさすりながら、声をかけました。
「どうしたの?そこで寝るのー?こっちで一緒に寝よう?」

ちらりとこっちを見たみんと。

大きく息を吸って、吐いて、、もう、息を吸いませんでした・・

瞬間、みんとを抱きしめて、叫んでいました。

まだ、きっと少し意識があったみんと。
母も父も起きてきて、家族の見守る中、私の腕の中で、短い一生を終えました。



もしかしたら、心臓マッサージをしたらよかったのかもしれない。もしかしたら、もっといろんな病院に連れて行ったらよかったのかもしれない。もしかしたら、治療法が見つかっていたのかもしれない。もしかしたら・・・・・・

だけど、離れるのが怖かった。

もしかしたら、病院に連れて行った事で、体力を消耗したり、ストレスを受けて、もっと悪くなってしまうかもしれない。もしかしたら、病院で息を引き取ってしまうかもしれない。もしかしたら、・・・・・・

みんとはおうちが大好きでした。

みんとは私のことが大好きでした。

だから。
ずっと一緒にいるって約束した。

6年は、短かすぎます。


何を犠牲にしてでも、もっと早く生活環境をストレスフリーにしてあげればよかった。大丈夫と言われても、精密検査をすればよかった。もっと免疫力を高めてあげていればよかった。もっと楽しい事を一緒にしてあげればよかった。もっともっと一緒にいたかった。
もっともっともっと!!!!


後悔しても、みんとは戻ってきてくれません。
たまに真剣に考えてしまいます、どうしたらみんとに会えるんだろうって。
でも、もう二度と会うことはできないんです。



みなさま、愛犬・愛猫はそばにいますか?
がんばって生きてくれていますか?

何かが起こってからでは遅いんです。
健康な時だからこそ、気を遣ってあげてください。

一秒でも長く、幸せな時間を過ごしてください。



↓「いいね!」お願いします。
   にほんブログ村 犬ブログ 犬用品・グッズへ
にほんブログ村
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 00:20:20 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://lavieco.blog.fc2.com/tb.php/174-ef14ed45
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。